おいしいご飯を家で食べることが不倫を隠す第一歩

おいしいご飯は私たちの明日への活力につながります。

あなたはいつもどこでご飯を食べていますか?

自分で作るのは面倒だから外食で済ませる、毎日自分でちゃんと作っている、家に帰るとパートナーがおいしいご飯を作って待ってくれている。

もしもあなたが3番目の食べ方ならば、不倫するとき注意しましょう。

ご飯を食べないところはおかしい

不倫をしているとどうしても相手と食事に出かける機会が多くなります。

仕事が終わってから会うと言うことが多いのですから、ご飯を食べなしに何かしようと思っても力が出ません。

そのためむしゃむしゃいろいろ食べてしまい、家では食べられなくなるのです。

人はご飯を食べないと心配される

あなたも経験があるかもしれませんが、人はいつも食べているご飯を食べないと途端に心配されます。

体調が悪いのではないか、何かあったのではないかとたくさんの心配がされます。

不倫の相手との時間を終えて自宅に帰り、たくさんのご飯が待っているにもかかわらず「今日はいらない」と言うとパートナーは非常に心配するでしょう。

食事くらい家で食べよ

人間の食欲は上手にコントロールすれば食べきれるものです。

もしもあなたが不倫を相手にばれたくないと思うならば、不倫相手との食事と家での食事の両方を考えましょう。

当然、健康管理や食事のタイミングの管理は自分で全て行うのです。

ばれない努力はたゆみなく

ご飯の食べ方一つでばれるかばれないかが決まる不倫。

不倫相手を失いたくなく、なおかつパートナーも失いたくないのであるならば普通の恋愛や結婚生活の倍以上様々なところで神経を払い続けることが肝心です。

ご飯を食べるタイミングは、初歩的なコツといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です